QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん1

ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん1
藤沢さなえ/グループSNE  富士見ドラゴンブック
 
tno1.png

表紙の子供に見える大斧担いだファイターはドワーフだそうです^^;
※ドワーフ 小人みたいな種族。
ファンタジーRPGとかだと一般的には小柄で強靱な戦士タイプや壁もこなせる神官戦士タイプキャラが多いい。
そして大概は手先が非常に器用で鍛冶や工芸の技術に秀でている。
男は年齢に関わらずひげもじゃ。

ドワーフの女性に関してはゲームや本によって髭があったりなかったり扱いが違いイメージは統一されていない。

この作品はグループSNEにしては珍しくGM視点ではなくプレイヤー視点から書かれたリプレイだそうです。
読んでみると、とても普通でした^^;
視点がプレイヤー視点とは言っても、プレイしている内容は一緒ですし、実は書くことはあまり変わりないという。
時々プレイヤー(筆者)の感想やら独白やらが入るのですが、基本普段のリプレイ本でもプレイヤーはぶっちゃけちゃっているので、特に違和感とかなかったですし、すんなりと何も意識せずに読めてしまったというか^^;
ただ、リプレイ本だからなのだろうか、せっかくプレイヤー視点で書くというスタンスなのに、結局GMの心の声を入れてしまっていては意味がないような?
ますますいつもと変らなくなってしまっているというか^^;

ただ、ここまでは購入前にレビューサイトとかブログ回って知っていたのでとりたてて今更言うことはないのですが。
問題はやっぱり面白いかどうかで、面白ければなんでもOKです。私的には。

チロル・・・怪力ドワーフ娘。潔く戦士系一筋。
シャーリー・・・人間、スカウト、フェンサー、マギテック。二刀流剣士を目指しているらしい。筆者のキャラ。
レクサス・・・ナイトメア。神官(月神シーン)安心力を広めるのが使命だそうで^^;
ホポ・・・タビット(ウサギ?)ソーサラー、コンジャラー、セージ

パーティーはなかなか個性的な面々というか、新米女神シリーズよりもインパクトはあったかな。
シャーリーとかいきなり設定が跳んでましたし^^;
シャーリーをいじるレクサスも面白かった。
そしてなにげに序盤から強力な魔法使って本当に頼りになっているホポとか。
序盤のチロルの破壊力はさすがドワーフ戦士一筋という感じでしたね。
面白いくらいにばったばったと敵を倒していく。
GMもそのあたりまずゲームに慣れてもらうために配慮していたぽいですが。
各キャラの特徴が良く出ていて、掛け合いも結構楽しそうで私的にはなかなか面白かったなと。

ラストでどうしょうもない事態に陥って捕まったのはプレイヤー側の明らかなミス。
ここでGMの裁量で手心を加えるのもありだろうが、普通に行っていれば一度にあれだけの数の敵と戦うことにはならなかったでしょうから、あそこは心を鬼にしてペナルティをかしたらしい。
それはそれでありなような。

ただ、やはり4人パーティで壁&主砲がチロル一人しかいないのに、完璧チロル狙いのモンスターを出してチロルを封じるとか、ちょっときっつい気もします。
ただこれもプレイヤー側のミスで想定よりかなり多くの敵に囲まれる事態になったことを考えると、実際はなんとかギリギリ切り抜けられるバランス・・・・だったのかな?^^;

今回はラストバトルでパーティーは捕まってしまい、次回は脱出シナリオになるのでしょうけど・・・・
是非あのグレムリン2匹をどうにかしてうまく活かして利用して欲しいような気が^^;
スポンサーサイト

コメント

>キャラ
シャーリィは「二刀流剣士」の為だけにマギテックを取得しているのが凄いというか、マギテックありきのキャラじゃなかったみたいですね。ただ、よくよく考えてみればポポは近接戦闘能力が皆無ですから、否応なくシャーリィは前衛にならざるを得ないですよね~

>ラストバトル
あとは、ファイター技能を有し防具の制限もないレクサスが前線に出るべきなのでしょうが・・・
旧版ルールなら、ファイターがLv1あればモンスターレベル3くらいのモンスター相手には充分に壁になれたのですが・・・ やはり、挟撃されているのが痛すぎましたね。
このへんは、完全にプレイヤー側が警戒を怠っていた感じですが、シナリオの構成が結構パワープレイ型というか、戦闘中心なんですよね。ひょっとしたら戦闘バランスをテストする目的もあって戦闘が多めに設定されているのかも知れませんが、4人パーティが相手するには蛮族の数が些か多すぎる様にも思いました

  • 2008/09/28(日) 02:10:53 |
  • URL |
  • オジオン #-
  • [ 編集 ]

>キャラ
シャーリー
キャラとしては面白いのですが、パーティー唯一のスカウトとしては性格面で適性がないというか^^;
4人パーティーだと接近戦とは言わないまでも壁キャラがいないと辛いですね。

ポポ
魔術師系一筋の潔さと、序盤からガンガン使える強力な術は魅力的でした。
ただ、ウサギなのに足遅いんですね^^;

レクサス
そういえば、防具の制限がなかったですか。
人数が少ない時は神官系が壁キャラを兼ねることが多いいですけどキャラ設定見ても生命力が低いわけでもないですし後衛にいるのは回復薬も一人しかいないのと、やはり戦闘技能を持っているシャーリーが前衛に出るためでしょうね。

>ラストバトル
挟撃が痛いですね。
たぶん最初から用心して進んでいればGM的にはあんな形の戦いにはならない計算だったと思われますが。

確かに的も総数にすると結構な数ですよね。
予定通り進んでギリギリのバランスで設定したのではないかと思いますが、予定通りには行かなかった場面ではいきなり多めの敵と遭遇することになってしまっていますね。
4人パーティーだと魔力を消費する魔術師や神官系がネタ切れした時点で詰みそうです。

  • 2008/09/28(日) 12:39:52 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/892-a4da101a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。