QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第一回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第一回

緒戦を楽勝で飾った隊長だが、その後は微妙な戦果が続く。
せこく難易度の低い依頼を探して地味にポイントを稼ぎ続ける。
フランス軍と契約したルーアン攻略戦では4日目にルーアンに突入。
味方の部隊も突入していると思っていたら、何故か周囲には敵の大部隊が。
隊長の率いる部隊は敵に袋叩きにされ、隊長も倒され戦線を離脱する羽目になった。


しかしその後、何故か隊長の名は広まったらしい^^;
酒場では傭兵達の信頼が厚いベテランの傭兵バートから声をかけられる。

そんな隊長の事情とは別にイングランドとフランスの戦いは激化し、シャンパーニュ地方からも傭兵を雇いに来ているそうだ。
隊長はそちらの戦いにも参戦。
フランス軍と契約し、いくつかの城と砦を落として名を上げた。

隊長「ああ、やっとぼけと突っ込みが出来る。」
バート「俺かよ(-_-;)」

それにしてもイングランドとフランスの戦いは一進一退だ。
せっかく隊長が拠点を落としても、別の作戦をやっている間にその拠点を取り戻されたりしてしまう。

バート「というか、おまえイングランドとフランスの間を行ったり来たりしてるじゃないか。」
隊長「弱い拠点があって、名を上げやすそうな戦いを選んでいるからな。」

そんなことをやっているうちに、わざわざイングランドの兵士が酒場に傭兵を雇いに来たらしい。

イングランド兵「イングランド本国より王太子殿下が直々に兵を率いてこられる。殿下をお迎えし、ノルマンディの港町を制圧すべく軍を発する。参戦の名誉にあずかりたくば名乗りを上げよ!」
バート「・・・だ、そうだ。」

サン・ヴァース・ラ・ウーグの戦いが発生した。
無視して別の戦いに行ってもいいのだが、この戦い自体が無期限なので遠慮する必要もないだろう。
san01.png
まずエドワード以下ジョン、アーヴィン、ヴィンスといった味方の有名な将はペレラン教会に駐留している。
しかし周囲のフランス軍はかなりの部隊で防衛戦を張っている上に、逆にこちらに侵攻してくる勢いだ。
さらに背後のフランス軍も優勢と、なかなか厳しい戦いである。

今回選べる出撃ポイントはベルフォン城のみ。

隊長「丁度良いや。どうせベルフォンからカレンタンを落として北上とか考えていたし。」

というわけで出撃。

一日目
今回はまず大剣兵を率いる。
まずはカレンタン攻略。

カレンタンは目と鼻の先だ。
すぐに敵の大部隊と乱戦になる。
比較的安定した強さをもつ剣兵系は乱戦ではそこそこ戦えるが、敵の大斧部隊にかなり苦戦した。
気がつけば味方の騎兵がいなくなっている。

隊長「孤立した!?∑(゚ロ゚;)」

慌てて後退しようとしたら、後続の部隊数部隊が合流。
そのままさらにカレンタンの奥に侵攻。

そしてまた敵の大部隊の中に何故か隊長が孤立して残され死亡寸前に。

隊長「なんでだ(-_-;)」

とにかく退却。
体制を整えてから再び突入。
味方部隊も次々と雪崩れ込み、カレンタンをあっけなく制圧。

そのまま付近にいた長柄隊を率いてさらに北上。
味方の将、ヴィンスと共にオドン風車制圧に向かう。

ヴィンス「歩兵部隊は正面から攻めよ!」

ちなみに勝ち続けるとブレイドストーム状態になる。
この状態になると戦闘力が飛躍的に上がるので、一気に畳みかけることが出来る。
勢いに乗った隊長の部隊は次々と敵部隊を撃破。
オドン風車も制圧。

さらに北上してリテイル城塞を目指す。
敵の騎兵隊が疾走してきたが、隊列を整えて戈を構えて待ちかまえ、接触の瞬間に特殊攻撃。

騎兵を蹴散らすと、そのままリテイル城塞に侵入。
ここでも敵の大部隊が群がってきたが、味方と共に撃破してリテイル城塞も陥落。

隊長「余裕だ。ものすごく余裕だ。」

この頃、エドワードらはコワニーに突入したらしい。
優勢な敵を相手に押しているようだ。
さすが。
このままヴィンスにくっついてコワニー方面に向かう。
しかしその前にコワニーはエドワードらによって陥落。
さらに後方のリンソンも味方が陥落させたようだ。
一日目の戦いはイングランド軍の圧倒的優勢に終わった。



2日目
今度は出撃できる地点がだいぶ増えているが、ここは素直にコワニー城から出陣。
あとはオルグランテ監視塔を制圧すればサン・ヴァース・ラ・ウーグは裸同然だ。

長剣兵を率いて出るも、敵の騎兵に跳ね飛ばされ撤退。

隊長「城まで戻って体勢を・・・うわっ!?」


また跳ね飛ばされた。
何とか戻って今度はメイス兵を率いて出る。
ジョンやアーヴィンが既にオルグランテ監視塔に突入。
後に続く。
さすがにこの面々に攻められては敵も持たない。
オルグランテ監視塔も陥落。

エドワード「勝利は近い!皆奮戦し、大功を立てよ!」

サン・ヴァース・ラ・ウーグに突入。

敵将を倒して拠点を制圧。
戦いは意外にもあっけないほどのイングランド軍の圧勝。

兵士「王太子殿下万歳!イングランド万歳!」
ジョン「これほど見事な勝利を収めるとは、将来が楽しみだ・・・」
隊長「なにをおっしゃる、全ては私のおかげです( ̄▽ ̄)」
ジョン「・・・・誰だおまえ。」

一介の無名の傭兵なんぞ誰も知らなかったようだ。

そして、酒場に戻るとイングランド王が海を渡ったという情報が入る。

傭兵「近いうちに大きな戦いが起きるかもしれねぇ。」
隊長「何が起きても楽勝さ( ̄▽ ̄)」

その後もイングランドに味方したりフランスに味方したりしながら戦い続ける。
しかし、フランスに味方した作戦では散々な目にあった。

敵の将、特にエドワードらがレベル17~21もある。
こっちは率いる部隊にもよるがたかだか7~11程度。
こいつらに追い回されて戦場を単身で逃げ回るはめに。

隊長「うおお、早く拠点に戻って別の部隊を!!」
拠点隊長「もうフリーの部隊は残ってないぜ。」

隊長「・・・・・・( ゚Д゚)」

拠点隊長「敵が雪崩れ込んできたな。」
隊長「くっ、さらに後方の拠点に!!」

・・・とまあ、こんな感じで攻めるどころか前線を維持することさえ出来ずにじりじりと押される始末。
それでもなんとか死なずに生き延びたが、フランス軍は黒太子が出てくると敗戦続きだった。
逆に黒太子がいない戦場ではフランス軍が優勢で、結局は一進一退を繰り返している。

そのうちイングランド王が騎行戦術を行う準備をしているという情報が入る。
あえて村や町を襲って蹂躙するらしい。

隊長「そりゃあ気に入らないなぁ・・・」
マスター「騎行戦術も立派な戦術だ。傭兵なら見誤るな。」
隊長「しかしあえて逆らってみるのも一興。」

その後フランス軍に積極的に加担する隊長だが、やはり黒太子以下の精鋭は強い。
今のレベルだと歯が立たなくて押しまくられる。

隊長「黒太子は避けよう、命あってのものだねだ(-_-;)」

しかしそれでも何故か敗戦続き。
そしてとうとうイングランド軍が騎行戦戦術を展開する時がやってきたようだ。

イギリス軍兵士がわざわざ酒場にやってきてそれを告げる。

隊長「面倒な(-_-;)」

しかし今のイングランド軍を敵に回して勝てる気がしない。

隊長「えーと一番簡単な依頼は・・・・・...( = =) 」

隊長、現実から目を逸らそうと必死である。
しかし、騎行戦が一番簡単な依頼だった。

隊長「...( = =) 」
マスター「目をそらすな。」
隊長「・・・畜生逆らってやる(つД`)。」

意地でもイングランドに味方しないことに決めた。
とことん逆らってやる。
というか戦場で無様に逃げまどった恥をやつらにも味合わせてやる。

マスター「馬鹿だねぇ・・・」
バート「馬鹿だなぁ・・・」
続く。
スポンサーサイト

コメント

百年戦争!!
このゲーム、やりたかったんですよね~
PS2に移植してくれないものでしょうか(お

>時代設定
おそらく「百年戦争オールスター」状態を狙っているのでしょう。
「三国無双」や「戦国無双」にしても、登場人物たちの時代設定に結構無理があるので、気にしてはダメなのでしょうね。

私が知っている両陣営のスターはこんな感じ
以下のメンバーが登場するなら嬉しいですね~
【イングランド】
・ジョン=チャンドス 黒太子の腹心
・ホーウェリー 大斧使い
【フランス】
・ジル=ドレ 吸血鬼?
・ラ=イール 猛将
・アルトゥール=リッシュモン 戦役終結の真の立役者
・デュ=ゲクラン フランス元帥

有名どころしか知りません(^^;

いろんな部隊兵科があるようで、プレイすれば楽しそうですよね。騎兵がかなりリアルに再現されている(運動エネルギーが部隊の打撃力になるので、脚を止めれば役に立たない。実戦では運用が非常に困難)ようで、そういう意味でも面白そうです。イングランドの長弓戦術(モード・アングレ)とかも再現されていればポイント高いですね

  • 2008/10/07(火) 03:42:05 |
  • URL |
  • オジオン #-
  • [ 編集 ]

これはかなり面白いですね。
ただ、いくつかバグがあったり二週目にデータを持ち越せないなど、改善して欲しい面もあります。
もしPS2で出るとしたらそのあたりを改善して欲しいですね。
・・・どのみち私のテレビだとPS2では出来ないと思いますけど(-_-;)

>有名武将
歴史上の人物から、創作の傭兵仲間までいろいろ出てきますね。
私もジャンヌ周辺と黒太子くらいしかしりませんけど^^;

>兵科
かなり楽しいです。
重装備の部隊や軽装備の部隊等もよく特徴が出ていますし、騎兵は足が止まると役に立たないので自分で使うのは慣れないと難しいです。
慣れると結構面白いですが、速攻狙うなら歩兵系で押し寄せた方が早いですね。
騎兵は見た目の派手さの割に駆け抜ける時のダメージしかありませんから速攻には向きません。
ただ、敵に回すとこちらの隊列を崩したり戦闘中に跳ね飛ばしていってくれるのでやっかいです。

>弓兵
これも速攻には向きませんけど、じっくり戦うなら意外に強いです。
味方の後方から地味にちくちくと攻撃しているとあまりダメージを受けません。
長弓兵も存在し、これは敵が視認できないほどの遠距離からの攻撃が可能です。
攻撃された敵はこちらの姿を求めて混乱したように右往左往しています^^;
前線崩しには便利です。
敵の拠点もこれで遠距離からかなり崩せます。
ただ、乱戦になると的がまとまっていないので近づかないと当りにくいですね。

  • 2008/10/07(火) 08:12:00 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/906-f1ec4b18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)